Skip to content

池袋で受けられるハイフにはダウンタイムがあるか

若い頃にはハリと弾力のある美しい肌も、年齢を重ねると紫外線ダメージも重なり肌内部のコラーゲン量やエラスチン量が低下してしまい、皮膚を支えることが出来なくなることで、たるみやシワなど加齢トラブルに繋がっていくといわれています。

特に肌のたるみは顔の印象を一気に老けたものに変化させてしまうので、若々しい美しい肌を維持するためにも早めに池袋の美容皮膚科などに相談をし、早急にたるみ治療を受けるようにしましょう。

池袋ではたるみの種類に合わせて様々なリフトアップ効果のある治療が受けられるようになっていますが、その中でも最新のたるみ治療として注目されているのがHIFU(ハイフ)を利用したお手入れです。

ハイフは皮膚内部にある筋膜部分に熱エネルギーを照射することで、筋膜を収縮させて肌を引き締め、リフトアップ効果を与えるたるみ治療となっています。ただ熱エネルギーを与えるハイフの治療は、施術後に腫れや内出血などダウンタイムの危険が高いのではと不安に感じてしまう方は少なくありません。

しかしハイフは皮膚の下の筋膜をターゲットにした治療なので、皮膚表面に傷をつけたり火傷をする心配がないので、ダウンタイムの症状はほぼありません。治療を受けた当日から次の日はメイクをしたり普段通りの生活をおくることができるメリットがあります。

一度の治療で高いリフトアップ効果が期待できるので、何度もクリニックに通うのが面倒という方は、一度池袋の美容皮膚科に相談をしてハイフを検討してみることをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *