Skip to content

脂肪細胞の溶解により絶対数を減少させる池袋のハイフ

高密度焦点式超音波とも呼ばれるのが池袋でも採用するハイフであり、超音波痩身機のひとつです。

エステサロンでは痩身メニューに、キャビテーションを導入していることもあります。ですが超音波といっても、キャビテーションとは別物です。超音波を皮膚の下およそ0.4㎝から1.3cmくらいの部分に集中して超音波を当てていくのが池袋のハイフであり、熱源を照射したエネルギーにより発生をさせます。

熱エネルギーは奥深くまで届きますが、素肌の表面を気付浸けることはありません。無くしたい脂肪の部分や筋膜など、セルフケアでは手の届かない皮下組織へダイレクトに働きかけることができます。直接アプローチができる池袋のハイフは、照射により発生をした熱により頑固な脂肪細胞をゆっくりと溶解させることが可能です。

虫目根を使った子供時代の理科の実験でやった、1点に太陽の光を集めて用紙を焦がす実験と同じ仕組みを利用しています。表面の浅い場所ではなく深い部分の脂肪細胞を狙いますので、頑なになっている脂肪数の絶対数を、脂肪細胞の溶解により着実に減らすことが可能です。

脂肪数が減少をするので、大きかったサイズは縮小をして、結果的に念願のサイズダウンにつながります。池袋での痩身エステメニューにあるハイフは、脂肪細胞を溶かして効率的に体の外へと排出をさせることのできる方法です。

さらに効率を目指すなら池袋でのハイフは、岩盤浴で発汗を促したり、遠赤ヒートマットのメニューを加えるのも良い方法になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *