婦人科のがん検診の実際

市町村を中心に実施しているがん検診では、比較的検査しやすいがんを発見する目的で検査が実施されています。よく実施されているのはバリウムを飲んで胃の撮影を行う胃部X線検査の他に、胸部X線検査と喀痰細胞診による肺がん検診が大人数に対応できる検査として一般的です。この様な検査は医療機関が多い地域では各医療機関へ出向いてもらっての検診を行いますし、医療機関が少ない地域では医療機関側が撮影装置を持って出張する仕組みを取るのが一般的です。近年ではこの様ながん検診に婦人科のがんが含まれるようになり、大きく注目されるようになってきました。

具体的には乳がんと子宮がんがその対象になります。乳癌検査ではマンモグラフィが注目を浴びましたが、この検査はまともな検診であれば40歳以上を対象としています。それ以上和解年齢で撮影しても臨床的に意義のある画像を取ることは出来ないとされており、若い世代には超音波を活用した乳房超音波検査が推奨されています。一方子宮がん検診は子宮頚がんの早期発見を目的としており、20歳代という若い年代から自治体のサービスを受けることができる仕組みになっているところが多いです。

子宮がんはガンとしては珍しくウイルスによって発症リスクが高まることが知られており、しっかりと検査をすることで防ぐことができると期待されているがん検診の一項目です。この様な婦人科の検査も病院に出向いて受けたり、出張検診として受けることが出来ます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.