がん検診の目的と死亡率低下への方法

がん検診はがんを見つけることが目的というわけではございません。がんを無症状のうちに早期発見して、治療することが大きな目的です。がんは症状がある人と比べると、進行したがんは少ないので、早期にがんを発見することができ、早期に治療を始めることで、死亡率を減らすことができます。がん検診で胃がん、肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がんは主要5大がんと呼ばれており、この五つのがんは、それぞれ特定の方法で行う検診を受けることで、早期に発見でき、さらに治療を行うことで死亡率を低下することが科学的に証明されております。

がんという病気は、早期で見つけることができれば完治することもできる病気です。がんの効果がある検診方法は、胃がんは胃X線検査、子宮頸がんは子宮頸部細胞診、乳がんは胸部X線とハイリスクな者に対する喀痰細胞診の併用、大腸がんは便潜血検査、大腸内視鏡です。がん検診では、確実にがんが見つかるというわけではありません、一次検査や精密検査で異常ありと判定された人の中でも、最終的にがんと診断される人はそれほど多くはありません。しかし、異常ありと診断された人の中には必ず一定の割合でがんが潜んでいるので、異常ありと診断された方は必ず精密検査を受けることが大切です。

がんの死亡率を下げるためには、定期的ながん検診と、禁煙への意識を高めたり、食べ物や運動などの生活習慣の改善などをすることが普段からできることです。AEDのレンタルのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.