がん検診は定期的に受診しましょう

がんという病気は進行が早く、気が付かないうちにあっという間に進行してしまうことも少なくありません。その為、早期発見、早期治療がその明暗を分けるカギともよく言われます。特に沈黙の臓器と言われる腎臓や肝臓、肺などにおきる癌はその痛みは殆ど無く、痛みを感じる臓器に転移して初めて分かることも有るため、高齢になった場合には特に自分の変更管理に気をつける必要があります。その為、自分は大丈夫だと思っても定期的に検査を行い、がんの予防と早期発見に努めることが大切です。

しかし、沈黙の臓器と言われる臓器は痛みを感じないため、自分でその進行を自覚することは非常に難しいことでも有ります。その為、がん検診は非常に重要です。この検診によって早期にがんが見つかり、治療することで一命を取り留めた人はたくさんいます。しかし、残念ながらがん検診を受けなかったために、発見が遅れなくなってしまう人もまだまだ少なくないのが現状です。

また、がん検診は一度受ければよいというものではないこともしっかりと覚えておく必要があります。がん検診一度受けて異常が見つからなかったと言って、数年後にがんが見つかり手遅れになった例もたくさんあります。それだけ、がんは進行が早く、また今までなにもなくても急激に現れ、あっという間に体を蝕んでいくものなのです。その為、決してがんを侮らず、定期的にがん検診を受診して自分の健康管理に努めることが大切です。

また、体調が悪いなど体に違和感を感じたら、医師の診察を受けることも大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.