がん検診を受けることの重要性

がん検診を受けることの重要性とは、がんが体に発生した時から他臓器に遠隔転移をするまでに自覚症状が現れる事が少なく、自覚症状が現れた頃にはがんの病気がステージ4など進行している事が多くあります。膵臓がんや肝臓がんはサイレントキラーと言われていて、痛点が無いため末期状態まで自覚症状が現れません。沈黙の臓器と呼ばれていて、膵臓の場合はしこりなどの違和感もセルフチェックで発見しにくくなっています。がんは発生してから徐々に大きくなり、血管やリンパ管を侵襲し始めます。

がん検診を定期的に行う事で、ガン細胞が大きくなったり、血管やリンパ管に浸潤する前に発見することができます。早期発見ができると、場合によっては抗がん剤などの化学療法をしなくても完治を狙えます。出来る限り早期で見つける事が人体にとっても負担を少なく治療を行えます。日本人の食生活が欧米化に伴うにつれガン患者は増加し、20代や30代の方のガン患者も増加しています。

若年性のガンは進行が早い傾向があるので、20歳を過ぎたら定期的にがん検診を受けるようにする必要があります。過去の病歴や生活習慣や年齢を考慮し、がん検診を受診する間隔を決める必要があります。がん検診には複数種類があるので、状態や経緯に応じて受診する必要があります。自覚症状が発生してから受診をするのではなく、予防や早期発見を目的として受診し、ガンが発見された場合は早期治療を行う事により治る確率は高くなります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.