AEDの短期間でのレンタル方法

AEDは5年や8年など長期間レンタルをしなくてはならない感じがしますが、販売する企業によっては短期間のレンタルコースを設けているところがあります。日本では生活習慣病の増加に伴い心臓を原因とする突然死が増えており、スポーツを行っている最中や何気ない日常生活で心臓が止まってしまうことも多いです。そのような時にAEDを使用することで命をつなぐことができるため、短期間であっても危険と思われるところに設置することは大切になってきています。短期間でのレンタル方法は、販売している企業に短期間コースがあるかを確認することから始めます。

短期間コースが確認できたら、持ち運びしやすいタイプかを見て使いやすさからAEDを選んでいきます。どのように使用したらよいかは絵などで説明がされているので、短期間であっても使いやすくなっています。なお短期間の場合は、壁に設置するタイプよりも、シンプルで持ち運びがしやすい携帯タイプを選ぶことが多いです。目的に応じたAEDを選んだら貸出期間を決めていきます。

選んだ機種にもよりますが、1週間で約15000円程度であり、借りる期間が長ければ長いほど、1か月あたりの価格は低くなっていきます。短期間であるものの使い捨てパッドやレスキューキット、専用のケースやバッテリパックなどは標準として付くので、改めて用意する必要はありません。気軽に使用できるため、早期に導入することができるメリットもあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.