がん検診を受ける方法

現在死亡率で多い病気といえばがんですが、胃がんや大腸がんなどといった有名ながんの場合、早期に発見をすることができれば、今の医療技術でも十分対処が可能です。ですから、定期的にがん検診を受けて、常にがんの有無を検査するということが重要になってきます。ただし、がん検診は国民に義務付けられているものではありませんから、自分で申し込みをして受ける必要があります。がん検診を受ける方法はいくつかあり、まず市区町村が行っているがん検診を行う方法、職域検診で受ける方法、民間の医療機関で受ける方法などがあります。

市区町村で検診を受ける方法については、まずは市区町村に問い合わせてみて、実施しているかどうかを確かめます。もし、検診を実施しているようであれば、役所に行ったり、役所にホームページなどから申し込みを行います。最近は、がん検診の検診率を上げるために検査費用が無料になるクーポンを配布している自治体などがありますから、そういった制度を利用すれば無料で検診を受けることができます。職域検診については、職場によっては、年一回の定期健康診断にプラスしてがんの検診も受けられる場合があります。

そのような場合は、自分で医療機関に予約などをしなくても受けることができる可能性がありますので、手間があまりかかりません。民間の医療機関で検診を受ける場合は、医療機関のホームページや直接電話などをして予約をしてから検診を受けることになります。民間の医療機関の場合は、検診にいろいろなオプションをつけることも可能であり、一般的な検診以外の検診も希望すれば受けることができます。ただし、保険は適用されないので費用はかなりかかります。

AEDのレンタルのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.