表参道などの整形外科で注射を打った時に役立つ情報

表参道エリアなどの整形外科で注射を打ってもらった後、お風呂に制限を設けるのは一体なぜなのでしょう。注射を打った後にお風呂に入ってしまうと、なにか問題があるのでしょうか。注射の後にお風呂に入ったりシャワーを浴びたりすることを制限する理由の一つとしては、注射を打った部位を温めすぎてしまうことで生じる問題を防ぐことにあります。しかし最大の理由としては、注射針を刺した穴から注射した部位に細菌感染を起こす可能性があるからです。

注射による細菌感染は患者にとってはとても大変で、不便や痛みを伴いますが、医師にとっても辛く苦い経験となります。注射の後に細菌が入り込み感染を起こす確率は今のところ具体的には分かっておらず、よってどれだけ気を付ければ良いのかも不透明なままです。表参道エリアなどの整形外科でも、場所によってお風呂に入る時間にどれだけの制限を設けるかはばらつきがあり、極稀にお風呂に入ることを控えるようにと伝えない医師もいます。皮下や筋肉はすぐに閉じるため、制限はほとんど必要ないという考えもあるからです。

けれど、注射を打たれる側の患者の状態がいつも同じとは限りません。人によっては皮膚も皮下組織も筋肉も薄くて、外部と関節の間の壁がほとんどない場合もあります。このようなケースも踏まえて考えると、医師から言われる言われないに関係なく、表参道などの整形外科で注射を打ってもらった際には、患者となる利用者自身が細菌感染を起こさないためにも、お風呂に入ることを控えるようにした方が良いといえます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.