皮膚科には一般と美容があります

にきびができた時に一般皮膚科を受診して治療をし、そこでは主に保険で治すことができる疾患治療を行なっています。一般の皮膚科のにきび治療は、炎症を鎮めることを目的にしており、飲み薬、塗り薬などを使用して炎症を抑えて毛穴の詰まりを取り除きます。保険治療では、使用できる機器や処方する薬が決まっているため、施術の範囲は制限がありますが、安く治療をうけることができます。美容皮膚科もあり、ここでのにきび治療は、にきびの根本的な治療だけではなく、炎症後の治療、生活習慣などを含めたサポートで美容の面から肌の悩みを解決します。

自由診療が主なので治療費は高いですが、新しい技術や最先端の医療機器を使用したり、効果の高い薬を用いることが可能なので、幅広い診療が可能です。普通のにきびであれば一般の皮膚科でも問題はありませんが、繰り返しでき治りにくいにきびの治療や美肌への改善を希望するのであれば美容での治療が良い選択となります。また、飲み薬や塗り薬の選択肢が多いだけではなく、ケミカルピーリングやレーザー治療、注射など施術方法の選択肢も多くあり、肌に適した治療法を組み合わせてにきびを多面的にみて治療することができます。炎症しているにきびとにきび跡を同時進行で治すこともできるため、治るまでの時間も少なくて済みます。

エステとやることは似ていますが、美容皮膚科は医療機関で、一般よりは美容を中心に治療しますが、専門の医師がいることがエステとの大きな違いです。治療や改善を求めるなら美容ひふ科を選びます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.