美容のために皮膚科に行こう

女性にとってお肌の悩みはつきものです。例えば若いころのニキビ跡が紫っぽくなってずっと残ってしまっていたり、吹き出物がなかなか治らなかったりで悩んでいる方もいるでしょうし、スキンケアにすごく力を入れているのに脂っぽい肌や乾燥肌が全く改善しないなんて泣いてる方もいるでしょう。高い化粧品を使って時間をかけてケアをしても、必ずしも綺麗なお肌になれるわけではありません。そこで勧めるのが、皮膚の専門家、皮膚科を受診することです。

さらには皮膚科の中の美容皮膚科がおすすめです。ではそこで何ができるのでしょうか。例えば吹き出物が大量にできてしまい、それらがなかなか治らない場合を例にとってみましょう。ビタミン注射の利点は、有効成分をすぐに体内に取り入れることができることです。

ビタミンCを注射すれば肌のうるおいの元であるコラーゲンも増え、色素の生成も抑えてくれます。ビタミンB2を注射すれば、新陳代謝を促進してくれるので、お肌のターンオーバーが乱れているであろう吹き出物が多い肌にはぴったりです。ケミカルピーリングというものもあります。これは皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がすことによってターンオーバーを促す方法で、肌の状態によってはがす厚さの段階が変わります。

肌をはがすというと怖い響きですが、吹き出物を治すという目的であれば、浅い深さのピーリングによって、膿などでつまった毛穴は開通されるので、肌は改善され、また、吹き出物のできにくい皮膚の状態になります。二つほど例を紹介してみましたが、他にも様々な方法があります。また保険がきくものときかないものがあるので、十分に注意してください。ぜひ一度、皮膚科を受診して自分にあったケアを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.