ニキビは早いうちに皮膚科で治そう

ニキビは青春のあかしとも言われていますが、適切な処理をしなくては青春時代だけではなくそれ以上に長く残ってしまう可能性もあります。特にメイクや皮脂などでお肌に負担がかかりやすい十代において間違った治療法を行ってしまったり、ふとしたきっかけでニキビをつぶしてしまったり、肌に合わない市販の薬を使用して余計にニキビを悪化させてしまう場合もあるので特に注意が必要です。まずニキビができてしまった場合は、皮膚科に行くことをおすすめします。ニキビくらいで皮膚科に行くことに驚かれる方もいるかもしれませんが、ニキビはちゃんと皮膚疾患としてしての扱いをされています。

酷い症状のニキビはもちろん、できたばかりの白い小さなニキビでも皮膚科で適切な処置を行えば治りが早く、その後ニキビの再発もしにくくなるのでおすすめです。多くのニキビ治療には外用薬による治療が一般的です。抗生物質が入った塗り薬を処方されることが多く、アクアチムクリームやダラシンTゲルなどが一般的です。また、ニキビの原因のひとつである毛穴の詰まりを解消する薬であるディフェリンゲルなども多く処方されています。

また、直接塗るタイプの抗生物質ではなく、経口の抗生物質を投与されることもあります。ただし、中には抗生物質のアレルギーを持っている人もいるかもしれないので、その場合は医師に必ず相談をするようにしてください。また、栄養のバランスが崩れることがニキビの原因でもあるので、そういった場合はビタミン剤が処方されることもあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.