自動車を運転する楽しみ

自動車を運転する楽しみ

自動車を運転する楽しみと言えば、やはりスピードスリルかもしれません。しかしこれは大変困った楽しみです。


サーキットでない道、公道では、制限速度があり、危険な運転は当然禁止されています。

イベント車のラッピング情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

危険なスピードにスリルを求めるのは、困ると言うより反社会的な運転で、そういう運転はサーキットでしてもらうしかありません。

では法律を守って安全な運転をすることはただの仕事でつまらないことなのでしょうか。
そうとは限りません。

OKWaveはかなり有益な情報が揃っています。

自動車は精々ハンドルとアクセルブレーキしかありません。

あとMT車なら変速装置がありますが、これだけの簡単な操作系だけで結構大きな自動車を思うように操るのはいくら順法運転していると言ってもそんなに簡単なことではありません。

簡単な操作でも完全にうまく出来ることは案外難しく、なかなかないことなのです。

運転が思うように完全に出来ると言うことはかなり気持ち良いことです。



特にMT車ならギヤチェンジするだけでも回転を合わせてシンクロに負担をかけることなくするっと変速できるとか、ちょっと気持ちいいです。駐車場に一回できれいに車庫入れできるのもとても気分いいです。

無駄なく燃料を節約しながらの走行も意外に面白いです。
この様に動きや特性を理解したうえで上手く操作できるのはかなり気分良いことです。

何もスピードを出来る限りだすことだけが面白い楽しい運転ではないのです。自動車を理解すること、上手く操作出来ることは自動車の楽しみです。

  • 車の特徴紹介

    • 今はもうミニバンやノーズの短いコンパクトカーが主流ですが、少し前までは乗用車と言えばボンネットとトランクの独立した3ボックスカーが主流でした。この3ボックス車では、更にセダン、ハードトップ、クーペなどがバリエーションとして存在し、更にステーションワゴン、ピックアップなども存在しました。...

      detail
  • 意外な真実

    • 車中泊といえばキャンピングカーですが、本格的なキャンピングカーばかりが車中泊に適した自動車ではありません。逆にそうでなく車を使う魅力があります。...

      detail
  • これからの車

    • 軽自動車の魅力はまず何よりも維持費が安く済むことでしょう。同じような大きさのコンパクトカーと比べて毎年払う自動車税が格段いやすく今回増税されたと言っても、1000cc車が29500円に対して10800円と格安です。...

      detail
  • よく解る情報

    • 遠くに行く予定があるときや、何らかの荷物を運ぶ時は自動車が便利です。この乗り物は非常に使いやすくなっていて、昔に比べて使い道が広がっています。...

      detail