司法書士は不動産相続の専門家

親や祖父母、兄弟姉妹などから遺産を受け取った際、その中に不動産が含まれていることもあるでしょう。面倒な手続きも多い相続関係ですが、手に負えない不動産相続は司法書士などの専門家に依頼することで相続人の負担を軽減することができます。遺産相続については弁護士や行政書士なども専門家に挙げることができますが、中でも司法書士は不動産相続の詳細な知識を持っています。司法書士に不動産相続の手続きを任せる場合には、相続登記や抵当権抹消登記、遺言書の作成や執行など依頼することになるでしょう。

自分だけではなく一緒に遺産を受け継いだ兄弟や姉妹がいるといった人は、複数の相続人が遺産を分割するための遺産分割協議書の作成でも専門家が頼りになります。また、被相続人の遺産を受け取らない人は相続放棄の手続きが必要です。不動産関係の手続きの中でもっとも頻度が高いのは、相続登記の申請でしょう。不動産にはそれぞれ所有者が存在しており、誰が所有しているのかを管理する登記は法務局が管理しています。

被相続人から不動産を遺産として受け継いだ人は、所有者が自分になったことを明確にするために相続登記の申請手続きをしなければいけません。相続登記は公的な手続きであり、不動産の状態によっては申請手続きが難しくなる可能性もあります。例えばビルや建物を複数受け継いだ時には、司法書士に不動産相続の手続きを任せることでミスなく完了することができるようになっています。不動産相続の司法書士のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*